ワキガ対策商品

ワキガ対策商品の評価基準

ワキガ対策商品をいろいろ購入して、実際に使っている立場から、こういう商品に必要な事をあげてみます。

制汗力があって1日持続すること

ワキガ臭の原因はアポクリン汗です。アポクリン汗を抑えられていれば臭いは発生しません。わきの下を殺菌していても、汗が出て衣服に染み込んでしまったらそこにいる雑菌で臭いが発生してしまいます。制汗力は大事です。

殺菌力があって臭いが1日発生しないこと

殺菌力が強いのが良いという意味ではありません。問題は、どれだけ殺菌成分が目的の場所にとどまって効果を発揮し続けるかです。これはワキガ対策商品に使われている基剤や成分の特性によって違います。汗や水分で簡単に流れていってしまっては意味がありません。

商品がワキガ対策のものと分からないこと

商品名にいかにもな名前が書かれていると、他の人が見たら知りたくなくても気付いてしまうものがあります。例えば典型的な製品は「ワキガード」です。ワキをガードするの?いやワキガとガードがかけてあるんだなと思ってしまいますよね。

この製品は一日に何度も使う事を前提にしていますので持ち歩く必要がありますが、名前が人に見つからないようにしないといけないのは困るんです。

持ち運びに便利な大きさとデザインなこと

ポーチなどに入れて邪魔にならない事。できれば何かの化粧品かフレグランスか分からないデザインで、オシャレなものであって欲しいですよね。

一回の使用量が分かりやすいポンプ式がベスト

実際に使う時、ポンプ式のありがたさは他に代えがたいです。チューブ式のものの場合はつい出しすぎてしまいます。ロールオン式の場合、雑菌や臭いがしているところに直接つけるので抵抗がある人が実は多いのではないでしょうか。

エアレスボトルは空気や雑菌が入りにくくベスト

ポンプ式の中でもエアレスボトルは最強だと思っています。昔からあるポンプはポンプを押すたびに外の空気が入っていく仕組みになっています。空気に触れると酸化するのですが、酸化は腐敗の原因です。

空気が入るということは、当然いっしょに空気中の雑菌がいっしょに入っていきます。
 

ワキガ対策商品記事一覧

レビューを見ていますとステマじゃないかと疑ってしまいますね。このように評価が両極端に別れる製品は悪い方を信用しておくのが吉です。成分は一応殺菌と制汗有効成分は下記の2つです。塩化ベンゼトニウムクロルヒドロキシアルミニウム塩化ベンゼトニウムとは逆性石鹸と言われる種類の殺菌成分です。クロルヒドロキシアルミニウムはいわゆる塩化アルミニウムの事で、病院でも制汗剤として処方されるものです。塩化アルミニウムも...

ミョウバンを用いた汗対策は非常に古典的といえます。ミョウバン水の作り方は簡単焼きミョウバンを入手しますきれいな水500mlをペットボトルに入れて、ミョウバンの粉を大さじ2杯入れて振ります冷暗所に保管し水が透明になったら出来上がりですミョウバンには収斂、殺菌作用もあることから昔からワキ汗やワキガ対策として使われています。デオナチュレの種類ミョウバンの結晶はアルム石と呼ばれています。クリスタルストーン...

旧社名「カネボウ製薬」からクラシエに社名変更したのは2007年で、ワキガ治療用クリームはカネボウ時代から販売されていましたので歴史は長いです。昔のカネボウ、現在のクラシエはワキガのしくみやワキガを抑制する研究を盛んに行っています。H・ミッテルの有効成分はワキガ専用クリームと同じ制汗作用と殺菌作用のある成分で、厚生労働省にワキガ治療用の医薬部外品として承認されている成分が配合されています。イソプロピ...