ワキガ対策のバイブル

ワキガという体質

臭くて鼻をつまむ女性

わきの下からの独特のニオイにお困りですか?

いくら洗っても、デオドラント製品を使っても消えないニオイで困っているなら、あなたはワキガかもしれません。

わきの下から独特の臭いがする

わきの下は多くの汗腺が集まっている場所なので、暑くなると大量の汗が出ます。そこへ雑菌が繁殖すると汗臭い、酸っぱいニオイはおなじみのよくあるニオイじゃないですか。

本当は汗をかいたらすぐに汗臭くなるのも問題なんです。それは汗がただの水分で、皮膚表面がきれいだったら汗が出たってすぐに汗臭くはならないはず。汚れがついたり垢が出たりと、清潔にしていない時間が過ぎると徐々にニオイは誰でも出るものですが、すぐに汗臭くなるのはちょっと要注意です。

汗臭いニオイではない、独特のニオイがわきの下からにおってくる場合があります。やっかいなことに、本人にとって自分の臭いは一番分かりにくいものなんです。だから気付いてない可能性もあります。

わきの下を清潔にするよう心がけても効果がない

強く臭ってくる場合、本人でも十分気付けるのですが、気付いたとしてもそのにおいを洗っても消えにくいんです。

一生懸命、毎日よく洗ってると臭わなくなるんじゃないかと思って毎日洗っていても、臭いが減る気がしない。っていうか着ている衣類のワキの部分から全部同じようなニオイがしてますよね。

良いデオドラント製品はとりあえず試してみた

世の中、デオドラント製品や消臭剤が多く売られています。種類も成分もすごく多くて何をつかったらいいのか分からないからとりあえず安い製品から試してみます。

制汗剤で汗を少なくすればいいの?殺菌成分で細菌をできるだけ減らせばいいの?

いろいろやってみますがどれにも満足できる効果が得られません。

なんか知らないけど、わたしのわきの下は何をやっても臭いんで、しょうがない。とあきらめてしまいたい気持ちかも知れません。

ワキガと間違えやすい体臭とは

臭くて鼻をつまむ女性

ワキガは、アポクリン汗が原因なので主にわきの下とデリケートゾーンからしか臭いはしません。

腋が臭いといってもワキガとは限らないんです。

汗が大量に出ると臭くなる

普通の汗はほとんどが水分で、少量の塩分、微量の尿素、乳酸、アンモニア、アミノ酸とミネラルが分泌されていて弱酸性になります。弱酸性が保たれている内は雑菌は繁殖しにくく臭いも出ません。乳酸は水に溶けると弱酸性です。

尿素は中性ですが、アンモニア水は弱アルカリ性になります。

それが大量に汗をかくと汗の重炭酸イオンが再吸収されなくなってきて皮膚がアルカリ性になってきます。皮膚が弱酸性に保たれなくなると細菌が繁殖して皮脂が低級脂肪酸に分解されて酸っぱい強いニオイを発生させます。

この大量にかく汗による細菌の増殖は、皮膚が弱いアトピー性皮膚炎の人は毛穴や汗腺に黄色ブドウ球菌が感染して炎症を引き起こす原因にもなりますし皮膚感染症の原因にもなります。

エクリン汗をかく3つの原因


深部体温がを下げるためにかく汗は温熱性発汗
深部体温が上昇すると一定の体温にするために汗が出ます。


緊張してかく汗は精神性発汗
精神的な緊張状態で出る汗の事をいいます。緊張によってアドレナリンが分泌されるとその刺激によってエクリン汗腺から汗が出ます。エクリン汗腺は手のひら、足の裏に多くあります。

人が、昔危険から逃げる時に手足が滑らないように、そこに汗が出る事のなごりと考えられます。

唐辛子を食べてかく汗は味覚性発汗
唐辛子(カプサイシン)の辛味や酸っぱいものを食べると、その刺激によってアドレナリンが分泌されて汗が出る現象の事を言います。辛いものを食べて顔や頭に大量の汗をかく人がいますが、わたしは辛いものを食べても全然汗をかきません。

辛いものを食べてたくさん汗をかく人の方が健康なのだと思っていましたが、そうではなく、味覚性発汗が激しい傾向の人とそうではない人がいるようです。

お酒を飲む人の体臭は熟した果実系

お酒を毎日大量に飲む人からは熟した柿が腐敗したような臭いがします。体からというよりも口臭です。

これも独特の臭いで、不快な臭いですがワキガではありません。

 

意外と知らないワキガの本当の事実

 

臭くて手をあてる女性

ワキガの原因はアポクリン汗腺の汗と細菌コリネバクテリウム

ワキガ体質といわれる人は日本では1割程度です。

よく言われる、耳垢がベタベタした人です。耳垢がベタベタした人でも実際にワキガの人は8割程度という話もありますから耳垢だけで判定しない方がいいでしょう。

耳垢がベタベタする人というのは、耳の穴にアポクリン汗腺があるからです。

アポクリン汗腺から出る汗の成分にニオイの元になる成分が入ってるんです。3種類のニオイの元になる成分とステロイドホルモンが分泌されます。元は無臭なんですが、皮膚常在菌の悪玉菌、コリネバクテリウムがいるとこれらの物質が分解されて強い臭いを放つ物質に変化します。これがワキガとなります。

コリネバクテリウムがいる時点で不潔といえばそうなのですが、誰の皮膚にも存在する細菌です。ワキガとは、垢や酸化脂質などが腐敗した臭いじゃなくて、人が臭いを発する物質を分泌する働きがあるのです。

ワキガ自体は病気ではありません。

アポクリン汗自体は無臭、細菌が多いほど臭いのも事実

臭いを強烈に出すアポクリン汗ですが、これ自体は無臭の液体です。もしアポクリン汗をいっぱいかいたとしても、そこに細菌がまったくいなかったら臭いにならないんです。

実際に、健康で抵抗力が強い人は、不快な臭いが少ないという実験データがあります。その理由として考えられるのは、強い体の抵抗力によって、皮膚の常在菌の悪玉菌であるコリネバクテリウムが少ないという理由が考えられます。

皮膚に善玉菌である表皮ブドウ球菌は健康な肌の状態、弱酸性で活発になります。

ワキガ臭の強さはアポクリン汗の量にも比例する

アポクリン汗腺の量は個人差が大きく、その汗の量も人それぞれです。

やはりというか、どうしても、アポクリン汗腺が少ない人、アポクリン汗の量が少ない人はいくら雑菌がいたとしても、臭いは少なくなります。

アポクリン汗が多いと、細菌が少なくても徐々に臭いが出る成分に分解されていきますからいずれアポクリン汗の量に比例した臭いの強さになります。

アポクリン汗腺が多くたくさんのアポクリン汗をかく人ほど臭いは強くなります。皮膚が健康で悪玉菌が少ない人ほどワキガ臭が発生するのが遅くなります。

 

ワキガを消すためにできること

 

OKとする女性

ワキガの原因はアポクリン汗と皮膚常在細菌の悪玉菌、コリネバクテリウムということがはっきりしました。

ということは、アポクリン汗が出ないようにするか、出てもすぐに拭き取ってしまうかというのが有力なワキガ対策となりそうですね。

もう一つは悪玉菌を殺菌するか、寄せ付けないようにするというアプローチもできそうです。

臭い物質ができてしまったらそれをいかに消臭するか、対策があれば万全ということになりますね。

制汗剤でワキガ対策

制汗剤によってアポクリン汗が出なければ臭いは発生しません。

制汗剤は
  • アルミニウムクロロハイドレート
  • パラフェノールスルホン酸亜鉛
  • 塩化アルミニウム
が良く使われます。

アルミニウムクロロハイドレートは化粧品に配合されていて、塩化アルミニウムは病院で多汗症の人に処方される薬です。
ワキガ用クリームにはワキガ治療用の医薬部外品としてパラフェノールスルホン亜鉛が厚生労働省に認可されています。

殺菌剤でワキガ対策

黄色ブドウ球菌やコリネバクテリウムという皮膚に常在している悪玉菌を殺菌するとアポクリン汗が出ても臭いに変化しませんので皮膚を殺菌するというのは有力な手段です。

かといって強力な作用の殺菌剤を使うと肌が痛みますので、できるだけ刺激の少ない成分が選ばれます。

殺菌剤としては、
  • 塩化ベンザルコニウム
  • イソプロピルメチルフェノール
が使われます。トリクロサンは殺菌用石鹸には必ず配合されていましたが、アメリカのFDAによって、殺菌の効果はなく身体への毒性が認められる研究が多く発表されたため、販売を禁止する措置がとられました。日本でも速やかにトリクロサンを含まない製品に切り替えるよう勧告が厚生労働省から出されています。

この中で、ワキガ治療のための医薬部外品として厚生労働省に認可されているのはイソプロピルメチルフェノールです。

消臭剤でワキガ対策

汗を出にくくして、雑菌を殺菌すればワキガ臭は発生しにくくなります。

しかし、それだけでは十分ではありません。発生してしまったワキガ臭の物質に対しては消毒をしても消臭はできないからです。

そこで消臭力が強いポリフェノールであるタンニンによって、発生してしまったワキガ臭物質(タンパク質)の消臭をします。

タンニンはお茶や渋柿に多く含まれていて、中でも渋柿の柿タンニンの消臭力は非常に強く、消臭用の石鹸、歯磨きなどに配合されていることが多い生薬です。

 

まとめ

ワキガの原因は汗と雑菌です。

発生してしまったワキガ臭は普通に洗っただけではなかなか臭いはとれません。

汗と雑菌対策はニオイの予防として非常に有力です。
 
更新履歴